村の会議室

  • トピ主Y
    2016-9-23 12:10  1474600337

    今年に入ってこちらで募集がかかっていた案件に応募をし、
    契約を締結後に何件か受注しました。
    そのうち2本は5月末で請求書を発行し、
    翌月末に支払予定のはずが未だ未入金。
    その後、確認を取ったところ、
    受注した案件で私の担当外の部分が完了していないため、
    支払ができないとのことでした。

    その後も、いつまでに支払いをできるようにするから、
    追加の修正を対応して欲しいと言われ対応したところ、
    明言していた日を過ぎても支払はしてもらえず、
    クライアントの確認が取れていない、
    修正が追加できてしまったから対応してほしい…など、
    延び延びにされて支払がされない状況が続いています。

    改めて電話にて確認を取ったところ、
    1本目・2本目の案件と、
    進行途中の3本目の案件も一先ず請求をして、
    9月第2週頭に営業に確認を取って振り込むと言っていましたが、
    それっきり連絡が付かなくなりました。

    通常業務連絡は初めはメールでやり取りをし、
    その後チャットワークでのやり取りに移行。
    メールアドレスに使われていた、
    会社名と同じドメインを調べてみると、
    今は凍結状態になっています。
    電話でやり取りをすることもありましたが、
    電話は携帯番号で現在はいつかけても留守番電話。
    知らせてもらっていた固定番号のうち一つは
    現在使われておりませんのアナウンス。
    会社の代表番号として知らせてもらっていた固定番号も、
    いつかけても誰も出ない状況です。

    間にもう一社絡んでいたのでそちらにメールで連絡をしたところ、
    確認をして明日、改めて連絡をすると返信がきたっきり、
    何も連絡はありません。
    電話はいつかけても転送設定で誰もでない状況です。
    こちらの会社も所在地住所で検索したところ、
    別業種の店舗でした。

    今は連絡が来るのを待っている状態ですが、
    万が一に備えて対応を検討しているところです。

    現在もこちらで募集を掛けている可能性がありますので、
    このような形で情報を提供させていただきました。
    応募者の方はくれぐれもご注意ください。

    下記、今回の特徴です。

    ・形式上は株式会社。契約書には法人用の印鑑は押されている。
    ・法人印と募集時の会社名の英字表示が1文字違う。
    ・契約書に書かれている所在地を検索すると別業種の店舗。
    ・固定電話の番号は所在地と別のエリアの市外局番。
    ・固定番号はこちらから聞かないと契約書には掲載されていない。
    ・会社代表者の氏名も契約書には掲載されていない。
    ・最初の提出からPSD(今回はデザインのみ)での提出を求められる。
     (これは断りJPGで提出し、後日OKが出てからPSD納品しました)
    ・クライアント自体はそれなりに名が知れている。

  • トピ主Y
    2016-9-23 12:22  1474601049

    追記です。

    ・募集時は会社名は伏せていて個人の名字のみです。
     会社名のみ応募後の返信メールに記載されていました。
     
  • N
    2016-9-24 22:58  1474725586

    まず、相手の資本金にもよりますが、下請法違反の疑いが濃厚です。
    下請法では「納品日から60日以内」に支払うことになっており、受領確認の完了日などは考慮されません。

    また、相手が法人として登記しているのであれば、教わった住所に会社がないということはないと思いますし、登記していないのに株式会社を名乗るのもマズイんですよね・・・。

    とりあえず公正取引委員会などに連絡してみてはいかがでしょうか?
  • トピ主Y
    2016-9-26 10:54  1474854946

    Nさん

    アドバイスをいただきありがとうございます。
    仰る通り、下請法違反や詐欺の疑いもあるため、
    もう少し様子を見て報酬の支払いをしてもらえない場合は、
    専門機関に話しを持っていく予定です。
    私はフリーで仕事を受注するようになって9年ほどですが、
    今回のようなトラブルは初めてです。

    現在、私が応募した際と似ている形式で、
    募集をかけている案件がありましたので、
    応募者の方に注意喚起として、
    情報を提供させていただきました。

    契約書内の会社所在地や電話番号などは、
    しっかりと調べてから受注をしてください。
    依頼主の情報が少ない場合も注意です。
    また、数社が間に絡んでいる可能性もあり、
    募集をかけている人物は中継ぎでしかない可能性もあります。
    どうぞご注意を。






  • 2016-9-28 17:48  1475052617

    自分がこちらで遭遇した怪しい業者も、最初はメール。すぐにチャットワークに誘導し、そこで全てのやりとりを完結したがりました。
    (チャットワークではログが消せるので、メールの証拠を残したくない…?)
    メールや書類などで取引の経緯を残したいと申し出ると、言い訳をして返答を引き伸ばし始めたので取引をやめました。

    Y様は契約書まで締結されたとのこと。書類をきちんと作る意志のある相手だと、それだけで安心してしまいかねないですよね。
    でも、どの段階にあったとしても、何件かを無事完了させて信頼関係が出来るまでは気を引き締めないとダメということがよく分かるお話ですね…

    大変ためになる注意喚起をしてくださり、ありがとうございます。
  • トピ主Y
    2016-10-13 16:43  1476344705

    草 さん

    もしかしたら同じ業者…というか、個人かもしれませんね。
    WebやITには全く知識のない複数の個人の繋がりで、
    発注をかけて案件を回している可能性もあり、
    案件の元請けやクライアント自体は、
    それを把握していない可能性もあります。

    契約書を締結しなくても、
    問題無く進んでいく仕事もありますが、
    今回は契約書を締結する段階で、
    あまり慣れていない(アバウトな)印象を受けたため、
    私の方から案件のごとの発注書を要求しました。

    10月初めくらいまで、
    電話へ連絡をかけてみても、
    相変わらず携帯は留守電、固定番号は転送設定で、
    全く繋がらない状況が続いていました。

    相談するところに相談するしかないと、
    これまでの経緯をまとめようと思っていたところ、
    先日、チャットワークに連絡が入り
    「取り急ぎ案件の清算を進める」とのことでしたが、
    それからまた連絡が付かなくなりました。
    もちろん報酬は未払いです。

    もしかすると別の方とのチャットワークでのやり取りを、
    間違えて私に連絡をしたのかも…とも思えます。
    なぜそう思うのかというと、
    9月の初めごろに、
    間にもう一社絡んでいた別の担当に確認したところ、
    チャットワークでやり取りをしていた方は、
    先日(9月初旬に)退社して、
    引き継ぎが上手く出来ていなかった…と
    メールで連絡が入っていたからです。
    もしそうだとしたら、他にも同じ思いをしている方は、
    たくさんいるのかな…と。

    やり取りをしてけばいくほど、
    常識では考えられないボロが出てくるといった印象です。

  • N
    2016-10-24 04:03  1477249500

    同じところかわかりませんが、少々怪しい募集が出ていますね。
    募集されている方のホームページがある場合は、必ずその方もしくは会社の情報を確認するべきでしょうね。

    ちなみに、その募集されている方の会社には、法人であるにも関わらず、企業名に「●●会社」の表示がありませんでした。
    企業であればそれらの表記はあって然るべきなのですが、その表記がないということは、法人ではなく個人である可能性を否定できません。
    (「会社でない者は、その名称又は商号中に、会社であると誤認されるおそれのある文字を用いてはならない。」と法律で決められているので。)

    また、所在地を調べると普通の民家でした。

    ご注意下さい。
  • もり
    2016-12-12 11:40  1481510509

    経験者ですが、

    このような問題を回避するには、相手の情報が初期段階でクリアかどうかを見極めないと
    結局は、時間を奪われて終わるという話なんですよね。

    まずは、相手が株式だというならば、この業界WEBサイトをもっていて当たりまえだと
    思った方が安全です。
    そのWEBサイトも、テンプレートをそのまま使ってないか?
    内容は充実したものか?ここがポイントですよ。

    なんかよくわからいけど、住所もこぎれいなサイトもあるから、というだけだと
    危険なんです。

    あと、大事な情報を含むような内容の場合は、
    電話だけでなく、メールで残すべきです。
    行った言わないなども問題。返事に同意を含む回答の有無。ここ大事です。

    ここで本性がわかります。詐欺かどうかです。
    これから、互いに信頼してビジネスをしようとする場合に、
    相手のいっていることを一つ一つ回答する位の姿勢があればいいのですが、
    相手が自分の欲求ばかりいってくるケース、わりとありませんか?
    とくに、急ぎ案件を持っている人。=何かしら怪しいとおもったほうがいいです。
    急いでるから、信用してるから、はやくこの案件やって!とさえ、思える感じなので
    自分の疑問を据え置きにして関わってしまうのです。

    でも、ここが泣き寝入りの始まりとなるのです。

    ですから、いくら仕事が欲しくても、相手が自分の問いに対して
    ふれずに、何か仕事のことをいってくるなどは、もうだめですよ。

    他業界ではありえないんです。こういう大事なやり取りを無視して事が動くなんてことはまかり通らない。
    なぜネット業界がOKかというと、
    みならん、営業面では素人ですね。個人経営として自分の感性でやってるだけでしょうから、折角の取引を逃したくない、方が強いのです。

    他業界ではなにが違うか?というと。
    買う人間の方が、売る人間より弱いということです、
    いくら大金をもって、店で買うといっても、売る側は現金以外ではうりません。

    信用がないので売掛取引などしません。

    ここが、大きな違いです。

    下請け=売る立場 ですが、 ただで売ってるんです。
    その保障はどこにある?

    これがおかしな話なんです。 だからこそ、詐欺が横行するんです。
  • 99
    2017-1-31 09:40  1485823309

    未払いの業者を公開すると何か問題が発生するのでしょうか?
  • 私です
    2017-2-2 04:01  1485975794

     管理者にすると、管理者も納得できるような確実な証拠でも無い限り、依頼者への誹謗・中傷になる可能性を恐れるのではないでしょうか。
    そこで、中立の立場をとる、あるいは関わらないのが正解ということになると思います。
    そういうことで、実名を伏せた記事までは許容するが、実名を出した記事は許容しない、具体的には掲載しない、あるいは削除するということになります。
    仮に投稿者の書いていることが事実ではなく、依頼者への嫌がらせや、何らかのかたき打ちであった場合、実名を出された依頼者は実際にダメージを受けます。
    管理者は警察でも裁判所でもありませんので、やむをえないかとも思われますが。